MTG動画製作

aviutlでの架空デュエル動画製作 新規プロジェクトの作成とキャラにセリフをしゃべらせる方法

投稿日:

セリフ枠作成

 

aviutlの導入と各種素材を揃えたところで
早速動画作りに入りましょう

今回学ぶことは

  • プロジェクトの新規作成
  • オブジェクトの設置・移動
  • テキストファイルの設置・移動・調整
  • レイヤー構造について

最低限これらの知識があれば
長編のBB劇場も作れる大事な方法です。

早速作り方の解説にイクゾー!(デンデンデデデデデン)

 

スポンサーリンク



 

新規プロジェクトを作る

aviutl

 

まずはaviutlを起動します
現在何もプロジェクトを開いていない真っ白な状態です

 

拡張編集の設定

 

aviutlの 設定>拡張編集の設定 をクリックします

 

拡張編集画面

 

拡張編集ウィンドウが表示されます

次に表示された編集ウィンドウの上で右クリック

 

新規プロジェクト

 

 

赤枠で囲った新規プロジェクトの作成を左クリックします

 

新規プロ作成ウィンドウ

 

新規プロジェクトの作成 という小さいウィンドウが表示されます
フレームレートや音声レートという読み慣れない単語が表示されていますが
無視してOKをクリックします

 

プロジェクト作成完了

 

aviutlに真っ黒が画面が表示されたらOKです

ここから用意した素材を配置して動画を作っていきます。

 

セリフ枠を配置する

配置方法1 「画像ファイルを配置する」から設置する

画像ファイル設置

 

  1. 拡張編集ウィンドウ上で右クリック
  2. 表示されたメニューの一番上のメディアオブジェクトの追加を選ぶ
  3. 更に表示された画像ファイルを左クリックする

それぞれ赤枠で囲った部分をクリックすればOKです

 

画像ファイル選択

 

新しくファイルの選択ウィンドウが表示されるので
左下の参照ファイルをクリック

 

いつもの

 

い つ も の ファイル選択画面が表示されるので
用意した素材を選択した状態で開くをクリック

 

 

くんじょー

 

上記の画面のように
選択した画像ファイルが拡張ウィンドウに表示されればOKです

 

赤ライン

 

aviutlの画面に表示されないよー という方は
拡張ウィンドウを左クリックしたまま左右に動かしてみましょう
赤のラインが動くので、動いたラインを
先ほど設置した画像ファイルに重ねると表示されます。

 

淫夢くんBB表示

 

同じ要領で動画ファイルを設置した図

拡張ウィンドウから右クリック~以外にも
直接ファイルを拡張ウィンドウに
ドラッグ&ドロップすることでも設置できます。

上記のようにaviutlに
音声がついた動画ファイルを置くと
画面のように動画部分と音声ファイルの2つが表示されます。

 

音声削除

 

BB素材部分だけが必要で音声はいらないなーという時は
音声ファイル部分を右クリック > 削除 か
音声ファイルを左クリック > キーボードのDeleteキーを押す と
音声のみを削除できます。

淫夢のBB素材は使用例と共に
BGM、SEがついている場合が多いので頻出する操作

 

淫夢くん設置完了

 

BB素材の設置が完了しました。

BB劇場、淫夢MTGの製作はこの動作の繰り返しになります。

 

クロマキーを設定する

クロマキーの設定

 

当然ながらBB素材をそのまま配置しただけだと
ブルーバック部分が邪魔になるので
この青部分を処理します。

拡張編集ウィンドウに設置した
踊る淫夢くんBB.aviをクリックして選択した状態にします。

動画ファイル[標準描画] というウィンドウが表示されるので
図の赤枠で囲った部分のどこかで右クリックします。

 

クロマキー

 

右クリックすると上図のようなウィンドウが表示されるので

フィルタ効果の追加 > クロマキー

それぞれ赤枠で囲った部分をクリックします

 

参考色の取得

 

動画ファイル[標準描写] のウィンドウの下部分に
あたらしい項目ウィンドウが表示されます。

このウィンドウの左下にある
赤枠で囲った【キー色の取得】をクリック

 

色取得

 

キー色の取得 ボタンの横に

【マウスをクリックして色を取得してください】

と表示されたらaviutl画面内にある
BB素材の青い部分を左クリックします。

 

取得成功

 

BB素材の青い部分がなくなったら成功です。

 

クロマキーとは?

映像の特定の色(クロマ/chroma)部分を透明にして、そこに別な映像を挿入する技術のこと
大半の淫夢素材が青の背景色、いわゆるブルーバック(Blue Back)なのは
人間の肌の色と青い色が一番遠い色(補色)であり、綺麗に切り取れるため

 

セリフ枠を設置する

セリフ枠設置

 

BB素材を設置したのと同様に早速
セリフ枠も設置してみます

そのまま設置すると図のようになります
淫夢くんが手前に来ていますね……

 

ws000056

 

拡張編集ウィンドウを確認しましょう

淫夢くんBBが Layer 4
セリフ枠が Layer 3 に設置されていますね

aviutlでは原則として
Layerの番号が大きいものから手前に表示されます

そのため、今回4番に設置されている淫夢くんが
セリフ枠より優先的に表示されている状態ですね。

レイヤー/Layerとは?

英単語で層、あるいは階層を意味する単語
複数の画像を重ねて表示する機能を差す、絵描きにはおなじみの単語
動画編集の場合、複数のオブジェクトを重ねて表示することで
セリフ枠に重ならないように人物を表示させたりカードを重ねる表現ができる

 

レイヤー配置しなおし

 

レイヤーについて確認したところで
図のように淫夢くんBBを Layer 4
セリフ枠を Layer 5 に設置しなおしてみます。

それぞれドラッグ&ドロップで簡単に入れ替えることが出来ます。

 

セリフ枠設置完了

 

セリフ枠が淫夢くんBBより手前に表示されているのが確認できればOKです。

ですが動画にするにはこのままの配置ではおかしいので
セリフ枠とBBの位置を動かしたいと思います。

 

オブジェクトの座標を変更する

BB素材や今回のセリフ枠のように
設置したオブジェクトの位置を変更するのは
2通りの方法があります。

  1. 配置したオブジェクトを直接ドラッグ&ドロップする
  2. オブジェクトの座標を直接入力する

直接ドラッグ&ドロップする方法

クリkック

 

aviutl画面上にあるセリフ枠をクリックします

そしてクリックしたままマウスを動かすと……?

 

移動

 

図のようにマウスポインタに従ってセリフ枠を移動することができます。

目測になりますが大まかな配置を決めるのに便利です。

 

直接座標を入力する

選択状態

 

次にオブジェクトの座標を直接入力する方法

拡張編集ウィンドウにあるセリフ枠の青いバーをクリックして

セリフ枠が点線で囲んである状態にします。

 

座標入力

 

その状態で画像ファイル[標準描画]ウィンドウにある

赤枠で囲った部分の数字を適当にクリックし

好きな数字を入力すると……?

 

数字入力

 

入力した数字の変化にしたがって

画面上のセリフ枠の位置も変わったのが確認できればOKです。

オブジェクトの位置を詳細に動かすときに使用します。

 

値の対応

 

画像ファイルウィンドウのxとyの値がそれぞれ縦横に対応しており

  • Xが+ = 右側へ移動
  • Xが- = 左側へ移動
  • Yが+ = 下へ移動
  • Yがー = 上へ移動

となっています。

 

以上を踏まえてドラッグ&ドロップ
および直接入力でBB淫夢くんとセリフ枠の位置を調整すると……

 

いつもの配置

 

配置を整えるとそれらしくなってきましたね。

次にテキストを入力して
淫夢くんにしゃべらせてみたいと思います。

 

テキストを入力してセリフを作る

テキスト

 

次にセリフを入力するために

拡張編集ウィンドウのオブジェクトが配置されていないところで右クリック

>メディアオブジェクトの追加 > テキスト をクリックします

 

テキスト設置

 

テキスト[標準描画] と書かれたオブジェクトが

新しく配置されます。

この時、淫夢BB.avi および セリフ枠が設置されているLayerよりも
数字の大きいLayerに設置しましょう。

 

文字入力

 

図のようなウィンドウが表示されるので

赤枠で囲った部分をクリックし、適当な文字を入力してみます

 

表示されました

 

入力した文字が反映されていればOK

次にこの文字の位置と内容を編集すると……

 

移動完了

 

そのまま移動するとセリフ枠に対して

文字が大きすぎるため、窮屈な印象になります。

 

サイズ変更

 

再度編集ウィンドウに戻り

赤枠で囲った部分

  • サイズの左の数字を 26に変更
  • 中央揃え[上] に変更

以上の操作を行い、位置を調整します。

 

調整完了

 

調整完了です。 綺麗な見栄えになりました。

同じ手順でもうひとつテキストファイルを作成すると……?

 

画面完成

 

目標となる画面が完成しました。

 

まとめ

  • プロジェクトの新規作成
  • オブジェクトの設置・移動
  • テキストファイルの設置・移動・調整
  • レイヤー構造について

今回は以上の点について学びました
これでキャラクターを設置してセリフをしゃべらせるという
動画の最低限の要素を作ることができますね。

次回は実際にキャラクターのセリフを
時間ごとに変えていく操作を行っていきます。

 

スポンサーリンク



pickup中の記事

淫夢くん 1
マニュアル一覧

このサイトに投稿したMTG淫夢動画製作記事一覧   AviUtlの導入 【動作製作の準備】AviUtlをダウンロードする 【動画製作の準備】AviUtlの拡張編集プラグインを導入する 【動画 ...

-MTG動画製作
-,

Copyright© デブガラク兄貴のMTG淫夢の作り方解説サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.